*

eb26d_s健康診断や人間ドックで中性脂肪が高いと指摘された方!

何か中性脂肪を下げる対策をしていますか?

コレステロールは病院で薬を出してもらえますが
中性脂肪は放置状態ではないでしょうか。

たしかにコレステロールは病院のお薬で抑えることができますが
中性脂肪は改善しません。

よく青魚に含まれる「DHAやEPAが良い」という話を聞きますよね。

たしかに肉よりも魚主体の食生活にするほうが血管や血液のためにはなります。

でも、毎日魚を食べるのは大変!
それに魚が苦手なんていう人もいるのではないでしょうか。

 

では、どうしたらDHAやEPAを効率よく摂ることができるのでしょう。

それにはDHAやEPAのサプリメントなどの健康食品を摂るのが有効的です。

手間もなく手軽に栄養素が摂取できるので便利です。

でも、「市販のサプリメントでは全然実感がなかった」という方がいるのも事実です。

いや、実際にはそういった方のほうが多いのではないでしょうか?

ca362e_s

では、なぜ市販のサプリメントでは効果が実感できないのでしょう?

その原因はサプリメントに含まれるEPAの含有量にあります。

一般的な市販のサプリメントはEPA含有量がそれほど多くないのが事実です。

すなわち、EPAやDHAの含有量が多いサプリメントを選ぶのが重要なのです。

そこで、少しでもサラサラ効果が実感できるように、
中性脂肪を下げる商品の中でも、特にEPAの含有量が多い商品をご紹介したいと思います。

 

中性脂肪を下げるオススメ商品

 

さらさら青魚 (サプリメント)

さらさら青魚は、効果が実感できるように高濃度EPA(さらさら成分)を配合。
業界トップクラスのEPA含有率のサプリメントとなっています。
さらにカプセルの苦手な方でも飲みやすいようにカプセルも最小粒になっています。

■「さらさら青魚」ここがすごい!!

一般的な市販サプリメントのEPA含有量が4~17%なのに対し、
さらさら青魚は26%ものEPA含有率となっています。
そのため、他の商品に比べサラサラ効果が実感しやすくなっています。

いろいろと試したけど効果が実感できなかったという方!

EPA含有率トップクラスの「さらさら青魚」を試してみてはいかがでしょうか。

また、さらさら青魚は価格面でも圧倒的な低価格を実現しています。
定期コース:初回500円、2回目以降1,275円と低価格なので、
長く続けられやすい価格となっているのも魅力です。

>> さらさら青魚の詳細はこちら

 

 

イマークS (ドリンクタイプ)

イマークSは、血中中性脂肪に作用するトクホ(特定保健食品)のドリンクです。
あのソーセージで有名なニッスイが開発した商品ですので信頼性はバツグンです。

青魚に含まれるサラサラ成分であるEPAとDHAが手軽に摂取できるドリンクタイプ。
1本にEPAとDHAが合わせて860mgも含有しています。
厚生労働省が発表している1日の摂取量の約8割を摂取可能です。

ヒト実験の結果では、 血中中性脂肪が約20%低下したという結果があります。
(1日1本、4~12週間の継続飲用)

ドリンクタイプなので飲みやすく、
ヨーグルト風味なので魚が苦手な人でも長く続けられるのではないでしょうか。

お試しセット10日分1,000円でしかも送料無料とお手頃な価格ではじめられます。

すでに1200万本を突破して、4.2秒に1本売れているニッスイの「イマークS」。

トクホ飲料ですので安心してお試しできるオススメの商品です。

>> ニッスイの「イマークS」の詳細はこちら 

 

 

中性脂肪が増える原因は?

中性脂肪が増える原因は、主に食べ過ぎと運動不足によるものです。
私達の食べたものは胃や腸で消化された後、肝臓で分解合成され、血管から全身に送られてエネルギーとして使われます。
そして、その時に余分となった成分は脂肪となり肝臓で蓄えられます。
しかし、肝臓の機能を超えてしまうと血液中にも増えはじめ、血中中性脂肪となってしまうわけです。
この中性脂肪は様々な病気を引き起こす原因にもなります。
例えば、動脈硬化による高血圧が引き起こす心筋梗塞や脳卒中です。
これらは、血管内壁の小さなキズに悪玉コレステロールが付着して溜まりだし、やがて血管内を狭くして血流を悪くさせるものです。
その時、中性脂肪が多いと中性脂肪が悪玉コレステロールの手助けをして動脈硬化を促進させてしまいます。
いくら病院でコレステロールの薬をもらって飲んでいるからと言って安心はできません。
中性脂肪もしっかりと下げなければ安心とはいえないのです。

中性脂肪を下げる方法は?

基本的に中性脂肪を下げる方法で重要なのは、適度な運動とバランスのよい食事を摂ることです。
まず、適度な運動は有酸素運動を取り入れた20分以上の運動を毎日実行することです。
例えば、ジョギングやウォーキング、自転車通勤など。
室内でするのならステップ運動(踏み台昇降)やエアロバイク、ダンスエクササイズなども良いでしょう。
少し汗をかくくらいの運動が理想で、しかも継続して実行することが大切です。
そして次に大事なのがバランスのよい食事です。
肉主体の食事を避け、食べ過ぎないように注意します。
魚主体の食事に切り替え、よく噛みながらゆっくりと食べ、腹八分目にとどめましょう。
特に運動が苦手な人は食べ過ぎには要注意です。
食べ過ぎはもっとも中性脂肪を増やす原因となるからです。

運動や食事の改善が難しい人は?

なかなか運動ができない、食事の改善が面倒という人は、せめてサプリメントくらいは飲んでみて下さい。
サプリメントは治療薬ではなく、あくまでも栄養補助食品です。
普段の食事に不足がちな栄養素を補うものですから、本来は運動+食事の改善をした上でサプリメントを摂るのが効果的です。
しかし、そういった運動や食事の改善が難しいのであれば、とりあえず頼ってみるのも良いでしょう。
ただし、できれば少しずつでいいので生活改善も心がけるようにしていきましょう。

 

 ・ ・ 

投稿日:

Copyright© 中性脂肪を下げる方法 , 2017 AllRights Reserved.